ワークショップ後記『ママが子どもにできる10のこと』~地震災害 その時、その時までに~

このエントリーをはてなブックマークに追加
編集後記   ************************************

『ママが子どもにできる10のこと』
~地震災害 その時、その時までに~

講師:武田 理絵(なごやにし防災ボランティアの会)

*************************

12月のマーマイベントは、武田 理絵(なごやにし防災ボランティアの会)さんによる『ママが子どもにできる10のこと~地震災害 その時、その時までに~』を開催いたしました。小さなお子さんも参加してくださって、にぎやかな一日となりました。

プロジェクタ使用中

当日の講演は『なごやにしボランティアの会』から、武田さんを中心に5人のスタッフの方々がおみえになり、順番にお話をしてくださいました。お話の内容はとても内容の濃いものだったのですが、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

講演では・・・

まず、災害とは どんなことが起きているのか?

そして災害に遭遇したママたちの現実と、何が必要になるのか?(避難所に逃げた場合・自宅避難した場合)これは、想像がつかないことばかりで聞けば納得!のお話でした。

だから、災害前にできること!&その時どうする?と続きます。

準備2

準備1

準備5

準備3

ごみ袋カッパ(クリスマスバージョン!?)      ごみ袋カッパ(クリスマスバージョン!?)

 

準備

だんごむし

地震だ!「ぐらっときたら、だんごむし!」の練習 小さなお子さんの頭を下腹のところにクルッと抱え、自分の首筋を守っています。

こちらの写真は『その時』訓練です。道を歩いている時は「かばんを頭に、だんごむし!」寝ている時は「布団にくるまる、だんごむし!」体を動かすこともいっぱいで、お子さん達も楽しんでいました。

そして最後に、災害後にできること。地域コミュニティのことや、事前準備のことについて教えていただきました。

試食会では・・・

温めずそのまま食べられるものを中心に 各社からたくさん商品化されているカレー、おかゆ、おかずやスイーツなど30種程の試食会をおこないました。

普段 レトルトカレーなど、そのまま食べることは あまり無いのではないでしょうか。わたしは今回、常温での試食をしてみて、お米やルーが温かいということが「おいしい」と感じる一番の大きな要素になっているんだなぁと感じました。常温では味や食感がとてもよくわかるので、各非常食それぞれの違いなど、また次回ご報告できればと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA